CATEGORY:

2013年01月18日

APS

まだ文字だけのブログにヨ~コソ~な感じです。
自分はすっかりAPSにはまってしまってますが、
きっかけは準空気銃0,989ジュールの法規制の時でした。
色んなとこで書いたり言ったりしてますが、あの時の規制値が
0.989で済んだのはハドソンさんやマルゼンさんの奮闘、
そして数値の裏付けとしてAPSという競技があったのが
大きかったのではないかと自分は信じています。
当然異論のある方もいらっしゃるかとは思いますがね。
そして、何かの飲み会でマルゼンの前田社長と同席した際に
「小学校や中学校にAPS部作りたいんだ」を聞かされ
心を揺さぶられました。法規制の時の感謝と
学校にAPS部を作るという夢を聞かされ
自分にも何かできる事はないかと考え、
倉庫を空けて、無料の練習会を開く事にしました。
本来はそれだけで終わるはずでしたが、ちょこっと
自分もやってみると結構面白く、はまってしまいました。
月にまで行けちゃうこの時代に、
たったの5mがままならないという。
更に試合になると緊張やプレッシャーに押しつぶされる
ダメダメ感、最高です!これを読んで興味持たれた方や、
前からちょこっとやってみたかったという方は
是非毎週月曜と水曜は本店二階の特設レンジで
ハンドガンの無料練習会やってますのでぜひどうぞ!
午後3時半~午後9時半までです。レンタル銃もありますから、
最初は手ぶらでも大丈夫ですよ。






Posted by APS小僧  at 12:18 │Comments(12)

COMMENT
小中学校にAPS部かぁ~。いいねぇ~!僕も微力ながら協力しますよ!
Posted by もともと at 2013年01月18日 19:33
「小学校や中学校にAPS部作りたいんだ」
もし、これをライブで聞いていたら、涙してしまったかもしれません。
私は純粋に競技として射撃を楽しんでいますが、世間では射撃がオリンピックの種目であることすらご存じない方も多くいらっしゃいます。
危ないものであることはもちろんですが、だからこそ危なくないようにするにはどう扱ったら良いのかという教育も含めて、もっと小さな頃から射撃という競技に触れることができたらどんなに素晴らしいでしょう。
Posted by ハンドライフルのマコちゃん at 2013年01月18日 22:06
もともとさん、現状で十分ありがたいです。
京都練習会は貴重な存在だと思ってますので。
Posted by APS小僧 at 2013年01月18日 23:59
マコちゃんさんコメントありがとうございます。
結構酔っ払ってましたが、聞いた時はしびれました。
聞いてしまった苦労というのもあるにはあるのですが、
楽しくやらせてもらってます。
また時間あったら遊びに来て下さいね。
Posted by APS小僧 at 2013年01月19日 00:04
APS業界出身の競技者を目指してますが、コレがなかなか…
Posted by 猫増倉 at 2013年01月19日 08:34
来年こそは受かって
部活動を作りたいんです!

影ながら、協力したい所存です


ただ、未成年者が撃つということは保護者が必要なんですが
そこを、監督者とかにならないかなぁ~と
Posted by ハロハロ at 2013年01月19日 22:47
前田専務と前の話したことがあるけど、各都道府県によるけど、保護者が同席出来ない場合、ほとんどの都道府県では管理監督者の立ち会いで承認とってたと思うよ!
詳しくはJASGに確認したらいいと思うよ!
Posted by もともと at 2013年01月20日 00:34
猫さん、遠征お疲れ~ライスでした。
まあ焦らずに行きましょう!
Posted by APS小僧 at 2013年01月21日 00:03
ハロさん、部活とか作れた日には、
こちらこそ陰ながら協力させて下さい。
大学在学時に協力しきれなかったのが
心残りです。
自分の聞いてる範囲では、
まだ両親と一緒じゃないと
未成年の方は撃てないはずです。
Posted by APS小僧 at 2013年01月21日 00:10
もともとさん、
まだあくまでも保護者(両親に限る)の方
と一緒じゃないとダメなはずですが。
Posted by APS小僧 at 2013年01月21日 00:13
間違ってました?ごめんなさい!
Posted by もともと at 2013年01月22日 06:47
もともと様、
そういう風にしようとの動きは確かにあって、
道まだなかばな感じだと思います。
何年か後にはぜひそういう世界になってて
もらいたいですね。
Posted by APS小僧 at 2013年01月22日 11:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。